防災ガラスにオプションを追加して快適ライフを送る

危険性が高い窓の紹介

窓ガラスは種類によって注意が必要なものがあります。どんな窓ガラスに注意すべきなのか、いくつかピックアップしてご紹介します。

注意が必要な窓の種類

開閉できないタイプの窓
ガラスを固定しているパテは時間の経過とともに硬くなります。パテが硬くなるとガラスが割れやすくなり、ガラスが大きければ大きいほど割れやすくなってしまいます。昭和54年3月31日以降に着工された建物は硬くなりやすいパテが使用されている可能性が高いです。
ガラスの隅部がガラス同士で合わさっている窓
ガラスを支える柱がないということは、ガラス自体に直接力が加わってしまうということです。地震により建物が揺れたりねじれたりした時に、ガラス同士がぶつかってしまい割れやすくなってしまいます。
三連以上連続した窓や腰壁が低い窓
三連以上の連続した窓は地震が起きた時に窓の部分が大きく横にずれてしまい、ガラスが割れやすくなります。また、腰壁が低い窓は家具が衝突した衝撃でガラスが割れてしまう可能性が高くなります。

防災ガラスには様々な機能を付加できる

防災ガラスは地震や台風の災害対策以外にも、色々な機能を付けることで快適に過ごせるようになります。

他にも色々な機能を付けて快適にしよう

窓ガラス

防災ガラスには、何らかの衝撃によって割れたガラスが飛び散らないようにしたり、人がガラスにぶつかっても貫通しないようにしたりと色々な性能が付いています。しかし、防災ガラスにはこれら以外の性能も付けることができるのです。例えば、防音というオプションを付けることで遮音性能を高めたり、防犯機能で簡単に窓を割られないようにしたりすることができるのです。それでは、ガラス修理を実際に行った人の感想を見てみましょう。

修理をしたから安心な生活を送れるようになった

ここ最近地震が多いので修理してもらいました(30代/男性)

ガラスの手配も迅速で丁寧な作業に感動しました!ついこの間も地震がありましたが、ガラスが割れることもなく快適な生活を送っています。

台風が多い地域に住んでいるので防災ガラスに交換しました(30代/女性)

台風で家の窓ガラスが割れてしまい、ガラス修理を依頼しました。修理だけでなく、少しではありますが保険が使えるというアドバイスもして下さって親切だなと感心しました。

TOPボタン